ウォールソーイング工法とは

壁・階段・柱を切断できる工法で、まず、コンクリートの部材の切断面に沿って走行レールを設置します。

そのレールにウォルソーマシンをを取り付けて、冷却水をかけながらダイヤモンドブレードを高速回転させて切断するものです。

ウォルソーイング工法において、湿式が通常工法ですが、冷却水を使わず切断する乾式工法も研究が進んでいます。

ワイヤーソーイング工法とは

切断しようとするコンクリート構造物にダイヤモンドワイヤーソーを環状に巻き付けます。

つぎに、その両端を接続して駆動機で高速回転させ、対象物を切断するものです。

本工法は、大型コンクリート構造物の鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造の大断面切断や地下構造物・水中構造物・土木構造物・原子炉格納容器などの切断解体に適した工法です。

既設杭撤去

支持層が深い位置に旧建築物があった場合、基礎下に杭を打ち込んでいる場合があり、ご要望により、引き抜き工事を行うことがあります。

状況により、様々な工法で杭撤去工事を行います。

  • 機械組立

  • 杭芯セット

  • 削孔

  • 杭取り出し

  • 埋戻し

  • 引き抜き完了

0120-04-5679
お問い合わせはこちら
© 2022 大阪の解体工事は株式会社HIRAYAMA . All rights reserved.
ホームページ制作 by