個人用住宅の解体

リサイクルの関連法規

リサイクルの関連法規

建設リサイクル法のポイント

近年、廃棄物の量が増大する一方、最終処分場がひっ迫し不法投棄が深刻化しています。 これを解決し、なおかつ資源を有効に活用するという観点から、廃棄物を再資源化するために平成12年5月に「建設リサイクル法」が制定されました。

  • 1.一定規模以上の解体・施工工事では再資源化が義務づけられています。
  • 2.対象資材はコンクリート、アスファルト・コンクリート、木材。

HIRAYAMAでは上記3資材のほか 廃プラスチックなど混合廃棄物も再生しています。

 

「建設リサイクル法』の詳細はこちら >>

 

建設リサイクル法のイメージ

建設リサイクル法イメージ