事業紹介

アスベスト処理業

専門のスタッフが物件に会った最適の工法で処理します

解体工事時のアスベスト処理

アスベストは昭和30年頃から50年頃まで多くの建築物の壁や天井、梁、屋根などに使用されてきました。 しかし、肺がん、悪性中皮種、石綿肺など重篤な病気の原因物質であることが判明し、その処理が深刻な社会問題となっています。

HIRAYAMAでは、アスベストの有無について提携先の実績のある専門機関に調査を依頼し、含有されている場合は、資格を持った作業者が除去作業を行います。 アスベストの処理方法には主に2つの工法があります。物件の状況に合わせて最適の方法で施工します。

アスベスト処理の工法

除去工法

除去工法

吹付けアスベスト層を下地から取り除く工法

封入工法

封入工法

吹付けアスベスト層の表面に液薬を塗布して塗膜を形成したり、アスベスト層内に薬液を浸透させて飛散を防止する工法

当社保有資格

特定化学物質等作業主任者(石綿作業主任者) 5名
石綿取扱い作業従事者特別教育受講者 25名

 

私たちが責任をもって処理します。

解体時のアスベスト処理スタッフ

営業担当者をはじめ、アスベストの含有を分析するスタッフ、特定化学物質等作業主任者などの有資格者がチームを組み、診断から除去まで万全の体制でアスベストを処理いたします。